妊娠初期 食べ物

妊娠初期もやっぱりラーメン食べたい人!気をつけたいチョットの工夫とは?

更新日:

妊娠初期ラーメンが食べたーい!

そんな人多いでしょう。ラーメンはカロリーも高く、塩分も多い食べ物の代表格。ママや赤ちゃんへの影響も気になります。

どうしたら良いの?という人もご安心を。

しっかりポイントを抑えれば、食べても心配はいりません。そのポイントしっかり説明していきますね!

食べたいものは我慢せずに食べ、限られたマタニティ生活を快適に過ごしましょう!

 

妊娠初期のラーメンは大丈夫?

妊娠初期 ラーメン 見出し2_R

妊娠初期にラーメンは食べてもいい?

安心して下さい。医師から制限されていない限り食べても大丈夫です。

 

妊娠初期は胎盤が完成していないため、赤ちゃんは自力で必要な栄養補給をしているから。

つわりでラーメンしか食べられないという人も、栄養の偏りに関しては心配いりません。

この時期は気持ちが悪くて全く食べられなくても、赤ちゃんはしっかり育っています。

もしラーメンしか食べられない状態で不安な場合は、医師に一度相談してみるとよいでしょう。

 

胎盤ができあがって、ママの食事から赤ちゃんへ栄養が送られるようになるのは、妊娠中期以降です。

この時期も基本的にラーメンを食べても問題はありません。

ただし、塩分やカロリーのとりすぎは、さまざまなリスクを招きます。

えっ!思いっきりラーメンを堪能できないの?と青くならなくても大丈夫。

記事後半で、妊娠中でもラーメンを楽しむちょっとした工夫を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

ラーメンを食べると考えられるリスク

妊娠初期 ラーメン 見出し1_R

妊娠中でもラーメンを食べても良いといいましたが、もちろん食べ過ぎはNG。

その場合はどのようなリスクが考えられるのか、みていきましょう。

 

ラーメンの食べ過ぎは血圧が上昇!

妊娠中の1日の塩分摂取基準量は7g未満とされています。

いうまでもなく、ラーメンは塩分が高いです。

インスタントラーメン1杯分の塩分量 5~6g

もちろん、とんこつ、醤油などの種類や、メーカーによっても異なります。

しかし、商品によっては、1杯で1日の塩分をまかなってしまうことになりかねません。

昼食にラーメン、朝食や夕食に味噌汁などを飲めば、あきらかに過剰摂取となるでしょう。

 

塩分の過剰摂取が続けば、血圧が上がります。最悪の場合、妊娠高血圧症候群になる恐れもでてきます。

これは、以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていたもの。

 

重症化すると、

  • けいれん発作
  • 脳出血

などを引き起こします。

 

子宮や胎盤の血流が悪くなるため、赤ちゃんに十分な酸素や栄養が送られなくなります。

そうなると、

  • 発育不全(発育が不十分になる)
  • 機能不全(胎児の心拍に異常が出るなど)

などを引き起こすこともあるのです。

大切な赤ちゃんのためにも、塩分の取りすぎには注意しましょう。

 

ラーメンの食べ過ぎは、太る原因に!

妊娠すると、以前と同じものを食べていても太りやすくなった、と感じたことはありませんか?

これはごく自然なこと。妊娠中は、食べたものを体内に蓄えようとする体質に変化します。

お腹の赤ちゃんが、ママからの栄養をきちんと摂れるようにするためです。

 

ただでさえ何を食べても太りやすくなるのに、ラーメンは塩分だけではなく、カロリーも高い食べ物。

当然、頻繁に食べれば、太る原因になります。

 

もし食べ続けてどんどん太ってしまえば、

  • 妊娠高血圧症候群
  • 妊娠糖尿病

になる可能性が出てきます。

 

妊娠糖尿病になると、流産や早産のリスクが高まります。

赤ちゃんが通る産道に脂肪がつけば、難産につながる可能性もでてくるでしょう。

妊娠中は、お腹に赤ちゃんがいるため、身体に大きな負担がかかっています。

その上、体重が増え過ぎれば体を支えきれなくなり、腰痛やひざの痛みに悩まされることになります。

 

体重管理に神経質になりすぎるのもよくありません。

しかし、ラーメンなどの高カロリーの食べ物は、食べ方や量を工夫するようにしましょう。

 

インスタントラーメンには注意すべき添加物が入っている!

インスタントラーメンに入っている添加物に、「カラメル色素」「加工でんぷん」があります。

これらは、発がん性物質が含まれている可能性が高いとされています。

 

また、麺のコシや風味を出すために使われる「かんすい」

かんすいにはリン酸が含まれていますが、腎臓機能障害が出る可能性があるそうです。

 

ただし、それぞれ1杯に含まれる量は微量。過剰に摂取しなければ心配はありません。

ラーメンに限らず、あらゆる加工食品に添加物は使用されています。

添加物を全く摂取しないようにするのは難しいといえるでしょう。

 

とはいえ、

  • なるべくインスタントラーメンよりもお店のラーメンを食べる
  • 市販の生麺を使用し、自分でダシをとってスープを作る

などの工夫をしてみるのもいいかもしれません。

 

今後もラーメンを食べるための工夫

妊娠初期 ラーメン 見出し3_R

妊娠中でもラーメンはOK!ですが、上記のようなリスクがあることも事実。

しかしちょっとした工夫をするだけで、そのリスクを大幅に減らすことができるのです。

難しいことは一切ありません。すぐにできることばかりなので、ぜひ今日から実践してみましょう。

 

スープは全部飲まない

スープの塩分は、ラーメン全体の約50%を占めています。

思わず飲み干してしまいたくなるおいしいスープでも、ぐっと我慢!(;´∀`)

スープは少量に抑えて、具と麺だけにすれば、十分に減塩することができるでしょう。

 

普段の食事はバランスよく

妊娠していなくても、バランスの良い食事は基本です。

妊娠中は特にお腹の赤ちゃんのためにも、栄養やカロリーも気にしたいもの。

しかし、あまりに神経質になる必要はありません。

ときにはカロリーや塩分を気にせずに、ラーメンなど好きな物を食べる日を設けましょう!

普段の食事をちょっと意識していれば、たまに食べるラーメンは格別に美味しく感じるかもしれません。

 

カリウムを含む食材を食べておく

カリウムは塩分を排出する働きがあり、血液サラサラにも効果的な成分です。

カリウムが多い食材としては 

  • ほうれん草
  • アボガド
  • かぼちゃ
  • 里芋
  • 納豆
  • ひじき
  • 切干大根

などがあります。

 

ラーメンを食べる時に、これらをトッピングすれば、塩分が排出されやすくなります。

栄養バランスも良くなるのでおすすめ。

もちろん、普段から意識して摂取していれば、妊娠高血圧症候群などを予防することができるでしょう。

 

納豆やほうれん草は葉酸も多く含まれる食品なので、妊娠中は積極的に取りたいですね。

 

ちなみに飲み物ならば、トマトジュース、ルイボスティーなどに、カリウムが多く含まれています。

ぜひ取り入れてみてはいかがですか?

 

 

油分を少ないラーメンを選択する

添加物や油分が気になるのであれば、ラーメンの種類も意識して選んでみましょう。

  • インスタントラーメンよりお店のラーメン
  • 市販のものなら揚げた麺ではなく、ノンフライや生めん
  • こってりのとんこつより、あっさりのしょうゆや塩ラーメン

ほんのちょっとしたことですが、カロリーを抑えることは可能です。

 

もし食べるならどれくらいの頻度が理想的?

量については推奨される量は定められていません。医師の意見も様々です。

ただ過剰に摂取しつづけると、先ほど説明したようなリスクも当然高まります。

多くても1週間に1回~、理想的には1~2カ月に1回程度にとどめておくことをおすすめします。

 

最後に

妊娠初期 ラーメン 最後に_R

妊娠中でもラーメンを我慢する必要はありません。ちょっとした工夫をすれば、しっかり満喫することができます。

もちろん、過剰に摂取し続けることは禁物

普段はバランスの良い食事を心がけ、たまにはおいしいラーメンでリフレッシュしましょう。

ママのイライラはすぐに赤ちゃんにも伝わります。

食べたいものは我慢せず、ストレスフリーな妊娠生活を送りましょう!

-妊娠初期, 食べ物
-ラーメン, 妊娠初期

Copyright© 妊娠・子育てのことなら「ふぁんママ」 , 2019 All Rights Reserved.