ファッション ライフスタイル

あなたは機能重視?見た目重視?産後入院中のおすすめパジャマとは!

投稿日:

妊娠生活もあとわずか。そろそろ入院の準備を始めようと思っているあなた。

 

パジャマの用意は済んでいますか?実はこのパジャマについて、どんなものを用意したらよいのか迷っている妊婦さんは少なくありません。

産後の入院生活は短い期間でも、お見舞いに来てくれる方を迎えたり、赤ちゃんのお世話をしなければならなかったりします。

赤ちゃんのお世話を考えると、楽なものを着ていたい…けれど人が来ることを考えたら、ある程度きちんとした格好をしていたい…。

産後のママにおすすめのパジャマはどのようなものなのでしょうか。

 

産後の入院生活

産後のママは満身創痍。

しかしそうは言っても、すでに始まっている育児。産後も意外といろいろ予定がある入院生活について、簡単にご紹介します。

 

検診

その方法は病院にもよりますが、ママと赤ちゃんの健康状態を診てくれます。病室での問診もありますが、診察室に行く場合もあります。

また、産後の傷の経過を確認するので、パジャマの下を脱ぐ場面が何度かあると思います。そういった検診の際に、脱ぎ着しやすいものを着用していれば、ストレスなく対応できますね。

 

授乳

出産で疲れた身体ですが、すでに育児はスタートしました。まず初めにママとしてしなければならないのが授乳

 

新生児の胃袋は、ビー玉ほどしかありません。そのため、一度に飲める量もほんの僅か。でも僅かしか蓄えられないから、すぐにお腹が空いちゃうんです。

まだまだ昼夜の区別のない赤ちゃんなので、時間に構わず2時間おきくらいに「お腹空いたーーー!」と泣きます。経産婦さんは授乳もお手の物だと思いますが、初産婦さんはそうはいきません。

頻繁におとずれる授乳タイムに対応しやすいタイプのパジャマが理想的ですね。

 

産後の悪露

初産婦さんの産後は、会陰の痛みを感じやすいと言われています。

会陰を切開せずに出産する方もいますが、多くはお産の途中で赤ちゃんが出てきやすいように切開されるようです。

 

私もその中の一人で、産後は会陰が痛み、座るのはもちろんトイレも大変でした。

そのような状態でさらに、産後しばらくは悪露(おろ)が続きます。入院中は生理2日目のような出血があることでしょう。

そのため頻繁にトイレに行くことになると思いますが、ここでもやはり会陰の痛みと悪露の処理に負担にならないようなパジャマが理想的。締め付けがあるようなものなどは避けたいですね。

 

みんなはどんなパジャマを着ているの?

どんなパジャマ_R

出産する病院によって、準備するパジャマについての指示が異なると思いますが、一般的にどのようなものが人気なのでしょうか。

実際に出産を経験したママたちは、このようなタイプのパジャマを着ていたようです。

 

前開きタイプ

 

 

授乳を考えると、前開きのものが理想的かもしれませんね。

 

 マタニティ用

やはり一枚持っていると便利なのが、マタニティ用のパジャマでしょう。身体への締め付けもなく、授乳がしやすいつくりになっているので、初産婦さんにはありがたいですよね。

 

ワンピースタイプ

 

検診時に脱ぎ着する煩わしさがなく、見た目もかわいいですよね。

 

普段と変わらない

 

退院後も長く着られるのは、普段と変わらないタイプのものかもしれません。

 

季節に合わせて

 

夏なら薄手のもので、できれば半袖があれば嬉しいところ。冬なら羽織物も必要かもしれません。季節や気温に合わせて考えるのも大切です。

 

機能にこだわる

 

ポケットの付いているパジャマは意外と珍しいかもしれないですね。一つあるだけでも便利な機能です。

 

先輩ママの意見にユニクロがたくさん出てきましたが…気になる方はこちらをどうぞ。

妊娠後期に入ったら、そろそろ出産入院の準備をしておきましょう。でも入院中に着るパジャマは何を用意してよいのか分らない、と迷っていませんか。 お見舞いの人も多いので、パジャマに見えないおしゃれなものがいい シンプルで普段も使えるものを選びたいという人...

 

何枚くらい必要?

入院期間は基本的に5日間。

病院にコインランドリーがあれば自分で洗濯をすることができますし、ご家族の協力があれば洗濯をお願いすることもできます。しかし、そうでない場合もありますよね。

 

産後は身体が火照りやすく、汗をかきやすい状態です。

また、赤ちゃんのお世話でミルクや吐しゃ物がかかったり、続く悪露で汚してしまうことも十分に考えられるので、着替えはしっかりと準備しておきたいところ。

 

私の場合は、里帰り出産ということもあり、実家の家族が洗濯物の手伝いをしてくれたので、入院前に準備したパジャマの枚数は2枚でした。

しかし本当に汗をかきやすく、また授乳の際に子どもが吐いてしまうことも頻繁だったので、もっと多く用意しておいても良かったな、というのが正直な感想です。

他のママさんたちの体験も参考に、準備する枚数も考えましょう。

何かと汚れやすいパジャマ。洗濯をしてうまく回せられればいいですが、中にはこんな人もいたようです!

荷物にはなりますが、洗濯しないと!というストレスは軽減できそうですよね。

 

【タイプ別】産後のパジャマ、メリット・デメリット

メリットデメリット_R

では最後に、パジャマのタイプによって生じるメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

マタニティ用パジャマ

メリット

【上着だけでも着られる】

何と言っても、ゆったりとした作りなので身体への負担が少なく、脱ぎ着もしやすいというのが最大のメリットでしょう。

上着が大きめに作られているので、検診時などは、上着だけでも問題がないと思います。

【授乳しやすい】

胸の部分が開閉できる作りになっているので、簡単に授乳できるのも大きなポイント。入院中はもちろん、新生児の間は本当に授乳回数が多いです。

また、初産婦さんならば授乳自体初めてで、上着をめくって授乳するのは少し大変かもしれません。マタニティ用パジャマは、ストレスなく授乳することができます。

 

デメリット

【期間限定の可能性がある】

まず産後の体型の変化に伴い、長くは着られない可能性があります。また、季節によっても変わってきますので、購入してからと退院してからの気温の差に、着用をやめたという人も。

もちろん使い方は人によって違いますが、一定期間を過ぎると着なくなった、という方もいるようです。

【授乳の際の開閉が面倒】

意外と思われるかもしれませんが、メリットでもある胸部分にある授乳の開閉口を使用するのが面倒だったというママも少なくありません

授乳する回数が多い入院期間は特に、開けたり閉めたりするのが大変と感じてしまうかもしれません。

 

スウェット

メリット

【温かい】

秋から冬の間に出産を控えている方は、着用時の温かさも考慮した方がいいでしょう。スウェット素材は生地が厚く保温性が高いので、季節によってはこちらの方が重宝することも。

【長く着られる】

マタニティ用ではないので、妊娠・出産に関わらず長く着続けることができます。また、デザインもシンプルなので、退院後の部屋着にもできますね。

 

デメリット

【授乳の際はお腹を出さないといけない】

スウェットタイプは胸の開閉がないので、裾をめくりあげて授乳をするしかありません。そのため、上は前開きタイプのものを着用していたという方も。授乳になれるまでは、めくり上げるのが煩わしく感じるかもしれません。

【ゴム部分がきつく感じることも】

産後のお腹の戻り方は人それぞれ違います。私の場合は、産後2~3日は妊娠7か月くらいのような出方をしていました。用意するサイズによっては、お腹周りが少しきつく感じてしまうかもしれません。

【診察の際の脱ぎ着が必要】

マタニティ用と違って上下着用で過ごすため、診察の際は下を脱ぐ必要があります。しかし、産後の会陰の痛みなどで脱ぎ着が楽ではない可能性も。

 

いつも着ているものと同じタイプのもの

メリット

【着慣れている】

普段着慣れたパジャマなら、脱ぎ着に不便を感じないかもしれません。

【長く着られる】

スウェットと同じように、妊娠や出産に関わらず長く着られるところがポイントです。

 

デメリット

【サイズを考える必要がある】

妊娠前に着ることができていても、産後の身体には合わない可能性もあります。特に腰回りには気をつけましょう

 

ワンピースタイプ

メリット

【脱ぎ着のストレスがない】

マタニティ用パジャマと同じですが、ワンピースなのでさらに裾も長く、普段から下の脱ぎ着に関わるストレスがないのが最大の特徴です。

トイレや検診の際も、楽に対応することができます。また、帝王切開になった場合にも対応できるのはこちらのタイプです。

【かわいらしい】

お腹周りが楽で脱ぎ着もしやすいのに、着ていてかわいらしさもあるので、このタイプを用意してよかったというママもいます。

特に前開きのものであれば授乳の際も問題がなく、上にカーディガンなどを羽織って、ちょっとしたコーディネイトを楽しむなんてこともできますね。

 

デメリット

【裾が長い分暑さを感じやすい】

産後の身体は、ホルモンバランスなどの影響から火照りやすくなっています。裾が長いワンピースタイプのものは、熱を外に逃がしにくいため、暑くて大変だったという方も。

季節によっても違うので、素材などにも気を配った方が良いかもしれません。

 

パジャマ以外にも需要な下着。

こちらの記事も参考にどうぞ!

ユニクロといえば、シンプルで機能性も高い商品が揃うと人気のブランド。マタニティウェアや産後の服もユニクロで選ぶ人が多いようです。なかでもワイヤレスブラが授乳中も快適!と話題とか。もちろん、授乳用ではありません。それなのになぜ使いやすいと評判なので...

 

赤ちゃんとママの双方が快適なものを

入院期間は、ママと赤ちゃんが初めて向き合う大切な期間。

ママの身体に合うことはもちろんですが、抱っこや授乳の際にファスナーやボタンが赤ちゃんに当たってしまうとかわいそうですよね。

ママも赤ちゃんも、お互いに快適に過ごせるようなものが一番です。着替えも考慮して、タイプの異なるパジャマを用意しておくのも、一つの方法かもしれません。

もうすぐ訪れる幸せな時間を想像しながら、入院の準備をすすめていきましょう!

 

その他、臨月でやっておくべきことはコチラ!

赤ちゃんがいつ産まれてもおかしくないのが臨月です。自由な時間がとれるのもあとわずか!旦那さんとのデート。乳児連れでは行けないような映画館や静かなレストラン。早速自分の行きたいところにお出かけした!という人もいるかもしれませんね。 それとは別に...

-ファッション, ライフスタイル
-pickup, パジャマ, 入院中, 産後

Copyright© 妊娠・子育てのことなら「ふぁんママ」 , 2019 All Rights Reserved.