ライフスタイル 育児

1歳児で公共プールはOK?オススメしない理由と連れていくときの注意点

投稿日:

暑くなってくると楽しみなのが、プールですよね。

1歳になると自分で歩けるようになるし、いろいろなことに興味がわいてくるころ。

一緒にプールではしゃぎたい!なんて夏を心待ちにしているママ・パパも多いのではないでしょうか。

ただ赤ちゃんや1歳くらいのまだ小さな子どもとプールに行くのは、大変なことや注意することが多いんです。

今回は快適で安全な水遊びを楽しむために、覚えておきたいことや注意したいことを勉強していきましょう。

 

プールはいつから?

c67dbabf5ac0af02f88c50d35fb15f7e_t_R

プールに入れるようになるのは、一般的に生後7か月ごろといわれています。

でもこれはあくまでも、おうちなどでする小さいビニールプールのことです。

 

生後7か月の赤ちゃんというと、腰がすわり安定してひとり座りができ、両手を自由に動かすことができるようになる時期。

ひとり座りができると浅いプールなら、下半身だけつかるということもできます。

 

ただあくまでも目安ですから、その子の成長具合によって違いますし、大きな公共のプールはまだ先になります。

公共のプールに関しては、1歳でのデビューは少し早すぎるという意見が多いですね。

その理由については、あとで説明したいと思います。

 

まずはお風呂で水に慣れさせる、その次はおうちのビニールプールでという具合に、段階的に無理をせず進めていただきたいと思います。

 

ベビースイミングもあり!

赤ちゃんのころから水になれさせたいという場合は、ベビースイミングがおすすめ。

ちなみにベビースイミングは、0歳児からでも入ることができます。

はやいところなら生後4ヵ月、一般的にはおおむね6~7か月ごろからというところが多いようです。

赤ちゃん向けの教室なので、小さい子の対応に慣れた先生ですし、プログラムも赤ちゃんや幼児に無理のない内容になっています。

また0歳児はまだ体や動きのクセがついていないので、スムーズに教えられたことが身に付きやすいという利点があります。

ただこちらは親も一緒に参加が基本なので、ママ・パパもプールに入ることになります。

 

保育園や幼稚園がプールを開放しているところも!

私が住むところでは、保育園が夏休みの間、プールを地域の乳幼児さん向けに開放しています。

お友達の体験談をご紹介すると、場所を提供しているだけで、当然ですが準備・後片付け・持ち物は自分でということです。

それでも、なかなか小さい子をプールに連れていくのは大変だから助かったし、子どももとても楽しんでいたということです。

予約制でひとりずつ入るので、ほかのひとに気兼ねせず入れたのがよかったと言っていました。

みなさんがお住まいの地域にも、このような取り組みがあるかもしれません。

子育て支援の場所や役所などに、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

公共のプール、1歳児は早すぎる?

5291c31e886f5618291c3e7af14a3931_t_R

さて先ほど出てきた、公共のプールについて説明したいと思います。

公共のプールというと、子どもから大人までさまざまな年齢のひとが、たくさん集うみんなの場所です。

 

みんなの場所だからいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、子どもがまだ低年齢のうちは気になる点や注意が欠かせません。

そのいくつかをあげてみましょう。

  • 公共のプールはオムツがはずれてからを条件にしているところが多い
  • 水遊び用のオムツであっても使用が禁止されているところが多い
  • ひとが多い
  • 水温が低い
  • 外のプールは夏の暑さや紫外線の影響がある
  • 水質の管理がしっかりできていないところは衛生面が心配
  • 感染症の恐れがある
  • 3歳未満の水遊びは30分以内が基本
  • 準備や持ち物、確認事項が多すぎて大変
  • 大人は、ほぼ楽しめない

一番の問題はオムツ

1歳児を公共のプールに連れていくのに、一番気になるのがオムツの問題です。

1歳代ではまだオムツをしている子がほとんど。

普通のオムツは水を吸うとふくらんで重たくなるし、なにより排泄物が外にでてしまう危険があります。

最近水遊び用のオムツが販売されており、こちらのメリットとしては

  • 水につかってもふくらみにくく、破れにくい
  • ゴムがしっかりしているので、もれにくい
  • 柄が色とりどりでオムツっぽくない

という点があります。

でも使用に関しては注意すべきところも。

  • 深いところや長い時間、水につかることは想定していない
  • 使用目的は公園の水場や家でのミニプールを想定している
  • 絶対にもれを防げるというものではない
  • うんちはキャッチできるが、ポリマーが入っていないので普通のオムツのように、おしっこを完全に吸収することはできない

普通のプールでの使用を想定していないので、水遊び用オムツを履いているから大丈夫と油断していると、悲惨なことになります。

あとはオムツのままプールに入られることで、衛生面でまわりのひとが気にするという面もあるようです。

水遊び用オムツが禁止のところは、あきらめたほうがよさそうですね。

 

小さい子どもは体が未熟、それをフォローする大人も大変

1歳児といえども、つい最近まで赤ちゃんとよばれていた、まだまだ未熟な存在です。

肌は弱いし、長時間は遊べず、すぐに疲れてしまう。

あまりにも冷たい水はよくないし、夏の暑さにも注意が必要となにかと心配なところがあります。

そんな子どもを抱えて、まわりに気を使いながらプールに行くのはママにとっては大仕事。

1歳くらいの子はおうちでまったり、ビニールプールや水浴びが気楽でいいんじゃないかと個人的には思います。

 

どうしても公共のプールにつれていきたい場合

b1a661a259f0a37e772e5341eee46f99_t_R

そうはいっても家庭の事情や、上にきょうだいがいて仕方がない場合もあるでしょう。

その場合の確認しておくべき点について解説したいと思います。

まずは連れていくプールの情報収集を!

まず一番にやっておくべきことは、行くつもりのプールの施設内容や決まり事を確認しておくこと。

  • 水遊び用オムツでプールに入ってもいいのか(これは必須!!!)
  • オムツ交換や着替えの場所はあるか
  • 授乳できる場所はあるか
  • 休憩場所はあるか
  • 幼児用の浅いプールがあるか
  • 日焼け止めは使えるか(禁止の施設もある)
  • 年齢制限はあるか
  • これがないと入れない、これがあると入れないというものはあるか(水泳キャップの着用が必須・派手な水着は禁止・浮き輪の使用可否など)
  • 貸出しているもの(ビート板や浮き輪など)

インターネットのサイトだけでは不十分なところがあります。必要なら電話をかけて確認しましょう。

 

必要なものはしっかり準備!

つぎに持っていくものを準備しましょう。忘れ物がないように前もって準備しておきましょうね。

  • 水着
  • タオル(体に巻いてボタンでとめておけるタイプなら授乳ケープにもなって便利)
  • 水泳キャップ
  • お茶・飲みもの
  • おやつや軽食(プール中はあまり食べないほうがいいが、帰りにグズったときなどに)
  • 水遊び用オムツ
  • 浮き輪やアームリングなど
  • ぬれものや汚れものを入れるビニール袋
  • 着替え・替えオムツ・おしりふき
  • 日焼け止め
  • 小銭(ロッカーや自動販売機など小銭が役に立つ)
  • 自分の水着など自分がプールに必要なもの(大人の付き添いが必須)
  • 水にぬれても壊れない腕時計

それぞれ必要なものは違うと思うので、お子さんによって必要物品を追加してくださいね。

あとは普段通りの外出時用の必要物品(ママズバッグ)があればOK!

 

前もって水に慣れさておく

いきなり公共のプールでデビューというのは、子どもにとってハードルが高すぎます。

場所見知りをする子もいるでしょうし、そもそも水に対する恐怖心が強い子もいます。

前もってお風呂やおうちのビニールプールなどで、水に慣れさせておくことが必要です。

 

子どもの体調をみて

プールや水に入ることは、大人が思う以上に体力を消耗します。

また水温が低い場合や、逆に真夏の暑さなどで熱中症になることも少なくありません。

行く前の子どもの体調はどうか、遊んでいるときの子どもの様子はどうか、しっかり見守ってあげてください。

こまめな休憩と水分補給も忘れずに。

食後は30分~1時間は時間をあけてくださいね。

あとは大人にあわせて長時間遊びつづけるのもダメです!

あくまでも子どもファーストでお願いします。


プールには危険がいっぱい!事故に注意を

毎年、夏になると水やプールでの事故が後を絶ちません。

とくにまだまだ危険予知のできない乳幼児は、大人が安全を確保してあげなければいけません。

なによりも多いのが溺水(水でおぼれる)

乳幼児は水深10㎝程度の水でもおぼれることがあります。十分気をつけてください。

  • いっけん浅く見えるプールでも子どもはおぼれる
  • 流れるプールは乳幼児は禁忌、絶対に流されておぼれる!
  • プールサイドの固いコンクリートでの転倒に注意(水着で肌が露出しているので大けがになりやすい)
  • 熱中症や日焼けのしすぎに用心し対策を
  • ひとが多いので迷子にならないように
  • 過去には排水溝に吸い込まれる事故もおこっている
  • 救急のときのシュミレーションや連絡先を把握しておく

 

プールでうつる病気

プールのあとも油断は禁物です。

プールで感染するおそれのある病気がいくつかあります。

とくに多くよく知られているのが咽頭結膜炎、別名プール熱です。

これはアデノウイルスというウイルスによっておこる病気で、ウイルスに感染したひとと接触することでうつります。

症状としては

  • 高熱が4~6日続く
  • 白目やまぶたの裏側が赤くなり、結膜炎になる
  • 鼻水や下痢などもあり
  • のどが赤く腫れ、痛む

などがあります。

感染力が強いので、保育園や幼稚園・学校などは症状が消えてから2日たたないと登園・登校できないことになっています。

 

感染予防のために

乳幼児は抵抗力がまだ不十分です。

感染しやすい状況であるということを念頭においてください。

具体的な予防方法について引用します。

  • 感染しているものはプールにはいらない
  • 水泳直後のうがい・手洗い・シャワー(目の病気は洗眼も有効)
  • タオルなどを(目の病気では目薬も注意)他人と共有しない
  • 更衣室の清潔と乾燥

多摩小平保健所 保健対策課 感染症対策担当 講習会より

こちらに↓詳しい病気の内容と予防方法がのっていますので、ぜひ参考になさってください。

平成28年度プール衛生講習会 プールで感染するおそれのある感染症とその予防法 多摩小平保健所 保健対策課 感染症対策担当

まとめ

ed11593f57426059d33810d3ec0dd4f5_t_R

昔話をするときに、母が私を小さいころプールに連れて行った話をします。

ひとり座りが上手にできるようになった頃と言っていたので、おそらく生後7か月くらいだと思うのですが。

プールの中央に人工の島のような大きめの上がれる場所があって、そこに母は私を座らせていたそうです。

いとこも一緒に来ていたので、そちらへ母が一瞬、目を離したすきにどうやら私は体勢を崩してプールに落ちてしまったらしいのです。

「隣にいたおじさんが慌てて抱き上げてくれたのよ!あのときはビックリしたわ~ハッハッハ!」

この話は毎回、笑い話として披露されるんですが。。。

「オイオイ、笑って言うことか( ゚Д゚)!」

万が一があれば、今ここに私はいないわけで。。なんと恐ろしいことかと背中がゾクゾクしています(汗)

何ともなかったのでいまは笑い話にできますが、何かあっては後悔してもしきれません。

夏の楽しいひととき、存分に家族で楽しむために、準備と確認・注意を忘れずに夏を満喫してくださいね!

-ライフスタイル, 育児
-1歳, 1歳児, プール

Copyright© 妊娠・子育てのことなら「ふぁんママ」 , 2019 All Rights Reserved.