健康

妊婦の風邪に効く食べ物と食事!簡単にできちゃう効果的なレシピとは?

投稿日:

妊娠している時は、出来るだけ薬を飲みたくないですし、どんな食事風邪に効くのか知っておきたいですね。

風邪に効果的な対策レシピをご紹介しましょう。

 

風邪に効果的な食材

getty_rf_photo_of_fresh_fruits

『みかん、レモン、グレープフルーツ、きんかんなどのかんきつ類』

ビタミンC、βカロテンが粘膜の補修に役立ちます。みかんの皮は血行促進、冷えとりの漢方薬『陳皮』の材料となります。

そのまま食べる、果汁を飲む、はちみつ漬けにしてシロップを飲む。

キウイのビタミンC、パイナップルのビタミンCと酵素(咳に効果アリ)、りんごのビタミンCとポリフェノールも注目です。

『ブロッコリー、ニンジン、ピーマン、カボチャなどの緑黄色野菜』

ビタミンC、βカロテンが豊富な、緑黄色野菜は、皮膚や粘膜の再生力を高めます。

喉や鼻の粘膜が栄養不足や乾燥で弱ると、風邪をひきやすく、治りにくくなります。

こうした野菜を積極的に取り入れると、粘膜が刺激を受けにくくなり風邪対策に有効です。

『しょうが』

新陳代謝を上げてくれて発汗作用があり、疲労回復にも役立ちます。

お茶や飲み物、料理に加えて体調を整えるのに効果的。

『ネギ、ニラ、ニンニク』

殺菌効果が高く、結構増進、スタミナ増強などの効果があります。

アリシン(硫化アリル)が疲労回復、ビタミンB群が、エネルギーを創り出すアシストをしますから、スタミナアップが期待出来ます。

喉が痛い時、咳がでるときに、切った玉ねぎを枕元におくと、アリシンの殺菌・精神安定の効果から、よく眠れる様になります。

『ジャガイモ』

加熱に強いビタミンCの働きで、ウイルスの活動を抑えてくれる。エネルギーとして働きやすい炭水化物が体の活力を支える。

『たまご』

良質のたんぱく質が豊富で、粘膜の再生不良や乾燥を防ぎ、ビタミン、ミネラル、殺菌作用のあるリゾチウムなど、栄養価が高い。

半熟だと消化吸収が良い。

『はちみつ』

ビタミン、ミネラルが豊富なので、滋養に役立つ。殺菌効果、粘膜の乾燥を防ぐ効果が、風邪予防、対策に効果的。

風邪に効く食べ物は、水分補給にもなり、ビタミン豊富な。風邪の回復を早めてくれる働きのある。粘膜を保護し、傷んだ粘膜の再生に必要なBカロテンを多く含むレバー。。。。。これらがお勧めの食材ですのでとるようにしましょう。

 

風邪にオススメレシピ

13617413_624.v1476418240

①焼きりんご

芯をくりぬいてオーブンで焼くのが成功法ですが、時短で作るなら薄切りをフライパンで調理!

焼きリンゴの材料

りんご 1個
バター 大さじ1
はちみつ大さじ1~2
水大さじ3程度

 

焼きリンゴの作り方

1.りんごを良く洗い芯をのぞいて薄切りにする。
2.フライパンにバターをとかし、5㎜くらいの厚さにスライスしたりんごを並べる。
3.1~2分焼いてバターが馴染んできたら、はちみつと水を足してフタをし、蒸し焼きにする。

*焦げやすいので、ふつふつしたらごく弱火にして10分~15分加熱し、しんなりさせる。仕上げにしょうが汁やジンジャーパウダーを振っても良い。

あたたかい内に食べると体がぽかぽかになる。

おなかの風邪にも、消化がよくオススメ。

 

②オニオンスープ

オニオンスープの材料

玉ねぎ 大1個
にんにく1かけ
しょうが1かけ
オリーブオイル大さじ1
コンソメキューブ1個
水 300CC
温泉たまご
好みでクルトン

 

オニオンスープの作り方

1.玉ねぎをスライスし電子レンジにかけしんなりさせる。
2.鍋にオリーブオイルにんにく、しょうがのみじん切りを入れ火にかける。
3.香りが立ったら、1の玉ねぎを加えて、カサが減るほどよく炒める。
4.水、コンソメキューブを入れ煮立てる。
5.市販の温泉たまごに、できあがったスープをかけて”おんたまスープ”にする。

 

③簡単ポトフ

簡単ポトフの材料

とりの手羽元4本
玉ねぎ 1/2
にんじん 1/4
じゃがいも 2個
大根2㎝
ブロッコリー 適量
コンソメキューブ2個
にんにく・しょうが一かけ
オリーブオイル
塩こしょう

 

簡単ポトフの作り方

1.鶏肉に塩こしょうを揉み込んでおく。野菜は皮をむいて大きめに切りそろえる。
2.鍋にオリーブオイル、にんにく、しょうがを入れて火にかけ、香りが立ったら鶏肉を加えて表面を焼き付ける。
3.鶏肉をとりだして、ブロッコリ以外の野菜を入れ、軽く炒め全体にオイルが回ったらコンソメキューブ、ひたひたの水を加える。
4.鶏肉も加え、沸騰したら火を弱め、コトコト20分煮て、仕上げの3分で小房にわけたブロッコリを加えて火を通す。

 

④グリーンスムージー

グリーンスムージーの材料

キウイ 1/2
カットパイナップル 2切れ
ほうれん草 2枚
ヨーグルト 大さじ2
はちみつ 大さじ1
水100CC
氷 1個
しょうが お好み

 

グリーンスムージーの作り方

1.材料をブレンダーにいれ攪拌するだけ。

風邪に良い果物に、葉もの野菜少量を加えて混ぜるだけで、一気に栄養が補給出来ます。

妊娠中は、むっと湯気の立つものが苦手な時もありますから、スムージーは強い味方です。

野菜とあわせるときには、パイナップルやりんごが入ると風味が良く飲みやすいです。

 

<作り置きで野菜補給~ジャーサラダ>


 

おわりに

  • 妊婦の風邪は食事の充実でスタミナアップ
  • ビタミンC、βカロテン、良質なたんぱく質を取り入れる
  • ネギ、しょうが、にんにくを活用する

食欲がわかないときは、何でも食べられるものを口にして栄養を補給しましょう。

みかんや、はちみつヨーグルトなどでも大丈夫!

定番のおかゆと梅干し、うどん、しょうが入り甘酒もいいですね。

口に合うモノを見付けて、早く回復するといいですね。

 

 

 

-健康
-妊娠, 風邪, 食べ物, 食事

Copyright© 妊娠・子育てのことなら「ふぁんママ」 , 2019 All Rights Reserved.