授乳 育児

もう苦しまない!パンパンに張ったおっぱいの圧抜き方法とは?

投稿日:

おっぱいが張ったときの苦しみ、それは母になって初めて知るものです。

あんなにやわらかかったおっぱいが、カチカチになってしまうのだから不思議ですよね。

おっぱいがパンパンに張ってしまったとき、みなさんはどうしているのでしょう。

 

思わず搾り出したくなっていませんか?

でも実は、搾り出すことで張りは解消されません。それどころか、頻繁に張りを起こしてしまう原因になってしまうかも…。

 

赤ちゃんが飲める量を上回って母乳を作成する分泌過多なママにも、断乳を始めて張りを感じやすくなっているママにも、ぜひマスターしておいてほしい方法です!

 

搾乳とは異なる圧抜き

搾乳とは

手や搾乳器を使って母乳を絞り出すことです。

搾乳をする理由は様々ですが、ある程度の量の母乳を絞り出すことが目的です。

 

圧抜きとは

搾乳とは異なり、おっぱいの張っている部分に圧をかけ血のめぐりを良くすることが目的です。

圧抜きで出る母乳の量は、多くてもお猪口1杯分程度にします。

 

圧抜きでスッキリ楽に

圧抜きを正しい方法で行えば、カチカチに張ったおっぱいも嘘のように楽になります。

正しい方法については、次のカテゴリーにてまとめています。圧抜きが楽になるからと言って、絞ってしまうのはNGなんですね。

夜間断乳中や外出先でも

圧抜きは、断乳中のママたちにとって救世主。母乳分泌の量が落ち着くまでは、特に夜間の圧抜きを上手に行うことで、カチカチになるのを防ぎましょう。

また、外出先で授乳が出来ずおっぱいが張ってしまうこともありますね。そんな時にも圧抜きは効果的です。

上手に圧抜きをして、断乳期間を乗り越えたいですよね。

母乳の分泌過多な人にも効果的

圧抜きは、母乳の分泌過多なママにも効果があります。赤ちゃんが吸いついたとき、母乳が一気に噴射されてしまい、赤ちゃんがむせてしまったことはありませんか。

そんな方は、授乳前にサッと圧抜きをすることで、吸い始めの母乳量を落ち着かせることができますよ。

分泌過多でなくても、食べ物による急激な張りやや授乳間隔が空いてしまったときの対処法として、圧抜きを覚えておくと楽ですね。

おっぱいが緊急事態!の時に、圧抜きをマスターしておくと心強いですね。

 

 

正しい圧抜きの方法

 

圧抜きの手順

では、圧抜きの正しい手順について見ていきましょう。

①乳房を押す

手のひらを使って、乳房を外側から内側に向かってゆっくり丁寧になでるように軽く押します

特におっぱいの下側と外側は母乳が溜まりやすいので,きれいな円錐状になるようなイメージで,優しく撫で押して下さい。片方ずつ行っても構いません。

IMG_4075_R

ポイント

360°まんべんなく行うことが大切です。

 

②乳輪部分を押す

乳輪部(乳首まわり)を親指と人差し指で奥のほうに押します

身体の中心に向かって,まっすぐゆっくり優しく3回ほど押します。おっぱいが出てきたら,タオルやハンカチで拭き取ります

IMG_4074_R

ポイント

手の形は、卵をつかむようなイメージで。

 

③それ以上は触らない

ちょっと楽になってきた、もう少し絞り出したい、そんな状態がベストです。

それ以上母乳を出そうとしてしまうと、張り返しが生じてしまいかえって辛くなってしまいます。

3時間に1回程度の頻度で圧抜きを行いましょう。

ポイント

母乳を搾るのではなく、少し刺激を与えて乳房の血液を循環させることが大切です。

 

母乳は出せば出すほど生産されます。母乳の仕組みを理解して、正しい圧抜きを行いましょう。

母乳が出る仕組みについては、こちらをご覧ください。

母乳育児で頑張ろうとしていても、産後しばらくしても母乳の出が良くならなかったり、ある頃から急に出が悪くなったりしてしまうと「私のおっぱいは出ないおっぱいなのかもしれない…」と感じてしまうかもしれません。母乳育児をしていくうえで、ぜひ知っておいてほし...

 

 

動画で確認

こちらの動画が参考になります。ぜひご覧ください。

正しく圧を抜いておっぱいの張りから解放されよう!

外出時、断乳時におっぱいが張ると本当に辛いですよね。痛みが辛いことに加え、そのままにしてしまえば、乳腺炎の危険もあります。

張りがきついと感じたら圧抜きを行ってみて下さい。

また、授乳時に母乳が出すぎてしまうというママにもおすすめです。圧抜きをマスターして快適な母乳ライフを送りましょう!

-授乳, 育児
-pickup, 圧抜き, 母乳

Copyright© 妊娠・子育てのことなら「ふぁんママ」 , 2019 All Rights Reserved.